B型肝炎ウイルス感染者の国内状況

現在日本では、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染している人が110万~140万人いるとされ、そのほとんどが「HBV母子感染防止事業」が実施される以前の母子感染(垂直感染)によるものです。
1972年にHBs抗原検査が開始されてからは、輸血によってHBVに感染する方は減少しており、現在ではその危険性はほとんどありません。

2000年時点における日赤血液センターで初めて献血を行った方(初回供血者)の集団において、HBs抗原陽性率をみると、40歳未満では1%未満であるものの、40~69歳では1%を超えており、依然として高い値を示すことがわかっています(下グラフ参照)。

なお、1986年に「HBV母子感染防止事業」が実施された後に生まれた若い世代では、HBVキャリアは非常に少数になっていることがわかっています。

感染経路(垂直・水平)

初回供血者における出生別にみたHBs抗原陽性率

初回供血者における出生別にみたHBs抗原陽性率

財団法人 ウイルス性肝炎研究財団: HBVとB型肝炎の知識(第4版),
文光堂 2005.3 (無断転載を禁ずる)

一方、現在ではHBV感染がSTDとして流行傾向にあるという問題が浮かび上がってきています。

STDとは、Sexually Transmitted Disease(性感染症)の略で、性行為で感染する病気を指し、梅毒、淋病、エイズ、クラミジア症、カンジダ膣炎、性器ヘルペスなどを含みます。

HBVも性交渉を介して感染する危険性があるため、STDの1つとして考えられています。
若い年齢層を中心に、B型肝炎報告数が多くなってきている点は、日本においてSTDとしてB型肝炎を考慮する重要性を示していると思われます。

若い世代で、STDとしてB型肝炎が増加傾向

若い世代で、STDとしてB型肝炎が増加傾向
おすすめコンテンツ
都道府県別無料検査実施情報
まず、近くの肝臓専門医に相談しましょう