血液検査による診断

B型肝炎ウイルス(HBV)に感染しているかどうかは、採血して検査します。また、この検査は、ほとんどの病院や診療所で受けることが可能です。

検査では、 HBs抗原というHBVの外殻を構成するたんぱく質が血液中にあるかどうかを調べます。HBs抗原が陽性(+)の場合、HBVに感染していることを意味します。

ただし、HBs抗原が陽性(+)となるまでには、HBVに感染してからおよそ2~3ヵ月が必要とされています。HBs抗原が陽性(+)の場合には、肝機能検査や血液中のウイルス量(HBV DNA量)、 HBe抗原・抗体の有無、腹部エコーなどの結果をもとに診断を進めていきます。

下図は一般的な診断の進め方を示したものですが、B型肝炎は経過が複雑なため、少し異なる診断プロセスになることもあります。

B型肝炎の診断

B型肝炎の診断

検査の流れは、患者さんごとに異なる場合があります。医師の指示に従って、検査を受けましょう。

看護師イラスト
おすすめコンテンツ
都道府県別無料検査実施情報
まず、近くの肝臓専門医に相談しましょう