トップへ C型肝炎 情報へ
肝炎.netイメージ
階層ナビゲーション

Cr

読み方:クレアチニン
creatinine

どんな検査値?

クレアチニンは、筋肉中に含まれるエネルギー供給源であるクレアチンという物質が分解されてできたもので、腎臓でろ過された後、ほとんどがそのまま尿中に排泄されます。血液中のクレアチニン濃度は、腎臓のろ過機能(糸球体ろ過値)を反映しており、ろ過機能が低下すると、クレアチニン濃度は上昇します。

Cr値は、古くから腎機能検査として、日常的に用いられてきた方法ですが、あまり鋭敏な検査ではなく、Cr値が正常でも腎機能が正常とは判定できません。逆にCrが顕著に上昇している場合は、腎機能低下が考えられます。

また、クレアチニンは筋肉量を反映する検査値であるため、筋疾患の指標としても用いられ、筋ジストロフィーなどの筋萎縮性疾患では低値を示します。

基準値(正常値)は?

    基準値
Cr 0.6~1.0 mg/dL
0.5~0.8 mg/dL

基準値外(異常値)の場合は?

  異常値を示す疾患
高い場合 腎機能障害、腎不全、尿路閉塞、脱水症、ショック、心不全、先端巨大症、巨人症などの可能性があります。
低い場合 筋ジストロフィー、尿崩症、妊娠、長期臥床などの可能性があります。
肝炎ニュース