C型肝炎ウイルスの抗原・抗体

C型肝炎ウイルス(HCV)感染の有無、肝機能の程度を血液検査で調べます。HCVの有無はHCV抗体、HCVコア抗原、HCV RNA検査によって知ることができます。

C型肝炎ウイルスの構造図

C型肝炎ウイルスの構造図

ウイルスマーカー 検査からわかること

HCV抗体

HCVに感染すると体内でつくられる抗体。 値が高いと現在の感染、値が低いと過去の感染が疑われる。

HCVコア抗原

HCVの内部にあるたんぱく質。 陽性だとウイルスが体内に存在していることを示すが、HCV RNAより精度が低い。

HCV RNA

HCVの遺伝子。ウイルスそのものの存在を示す。 陽性の場合は感染を示し、ウイルスの量を調べる検査もある。

肝炎ウイルス検査では、一般的に
まずHCV抗体の有無を調べます。

看護師イラスト
おすすめコンテンツ
血液検査の流れ
都道府県別無料検査実施情報