こんな人は特に検査を受けましょう

肝炎ウイルスは、ウイルスに感染している人の血液、または体液を介して感染します。
次のような方は、感染の可能性が高いので、検査を受けましょう。

1 健康診断の肝機能検査でAST、ALT値の異常を指摘されたが、診察や検査を受けていない方や肝炎ウイルス検査を受けていない方
健康診断の肝機能検査でAST、ALT値の異常を指摘されたが、診察や検査を受けていない方や肝炎ウイルス検査を受けていない方
2 家族に肝炎ウイルス保有者または肝がんの患者さんがいる方
家族に肝炎ウイルス保有者または肝がんの患者さんがいる方
3

母子感染予防策が実施されていなかった1986年(昭和61年)より前に生まれた方

母子感染予防策が実施されていなかった1986年(昭和61年)以前に生まれた方

4 輸血や大きな手術を受けた方、長期に血液透析を受けている方、輸入非加熱血液凝固因子製剤を投与された方と、同等のリスクを有する非加熱血液凝固因子製剤を投与された方、フィブリノゲン製剤(フィブリン糊としての使用を含む)を投与された方
輸血や大きな手術を受けた方
現在使用されている輸血用血液や血液製剤は、高い精度の検査が行われているため、まず感染はおこりませんが、1992年以前の輸血、1994年以前のフィブリノゲン製剤、1988年以前の血液凝固因子製剤には、ウイルスのチェックが不十分だった可能性があります。
5 新たに性的な関係を持つ相手ができた方
新たに性的な関係を持つ相手ができた方
6 入墨(タトゥー)を入れたり、医療機関以外でピアスやボディピアスの穴をあけたことがある方
入墨(タトゥー)を入れたり、医療機関以外でピアスやボディピアスの穴をあけたことがある方

ご家族に小さいお子様がいらっしゃる方は、肝炎検査を受けましょう

ご家族に小さいお子様がいらっしゃる方

肝炎ウイルスに乳幼児期に感染した場合、自己免疫が発達していないため、体内からウイルスを排除できず、持続感染してしまう可能性が高くなります。
同居しているご家族に小さいお子様がいらっしゃる場合は、一度、家族全員が肝炎検査を受けることをお勧めします。
家族みんなが肝炎ウイルス陰性(-)であれば安心できますし、陽性(+)であっても、肝臓専門医の判断のもと、適切な治療を受けることで、肝硬変・肝がんへの進展を抑制することができます。 また、大切な家族や周りの方への感染を事前に防ぐことができます。

おすすめコンテンツ
肝炎ウイルス検査の実施について
B型肝炎ウイルスの感染経路(垂直・水平)
C型肝炎ウイルスの感染経路(垂直・水平)