主な肝臓病

肝臓病は大きく分けて、急性と慢性の肝臓病があります。

急性肝疾患

急性ウイルス性肝炎

 

薬剤性肝障害

など

慢性肝疾患

B型慢性肝炎

アルコール性肝障害

 

C型慢性肝炎

原発性胆汁性肝硬変

 

肝硬変

自己免疫性肝炎

 

肝がん

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)

など

日本では、B型肝炎ウイルス(HBV)およびC型肝炎ウイルス(HCV)による肝炎が肝臓病の多くを占めています。

日本のHBV感染者は110万~140万人と推定されています。近年では性的接触等による若い方の感染も増えています。
日本のHCV感染者は190万~230万人と推定されています。HCV感染は肝がんの原因の約68%を占めます。

日本人の約40人に1人が
肝炎ウイルスに感染しています。
一生に一度は検査を受けましょう。

看護師イラスト
検査・受診をご希望の方へ
  • 都道府県別無料検査実施情報