肝炎治療の医療費助成

各都道府県では、B型・C型肝炎治療(インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療及び核酸アナログ製剤治療)にかかる医療費を助成しています。

インターフェロンフリー治療は平成26年9月に追加されました。現在の医療費助成制度は以下の通りです。

自己負担額

ウイルス性肝炎の治療では、治療費が高額になっても医療費の助成を受けることができます。
自己負担額は月額1万円または2万円までに軽減されます。

世帯全員の市町村民税(所得割)
課税年額の合計額
自己負担限度額
(月額)
235,000円以上 20,000円
235,000円未満 10,000円

医療費助成を受けるためには、お住まいの都道府県から交付される「受給者証」が必要です。

肝炎医療費助成の流れ

医療費助成の流れ

厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/index.html
肝炎治療(インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療、核酸アナログ製剤治療)に対する医療費の助成

医療費助成の申請に必要なもの

医療費助成の申請に必要なもの

詳細は、各都道府県のホームページをご覧ください。

「都道府県別 医療費助成情報リンク一覧はこちら