妊娠を希望される場合の留意点

B型肝炎ウイルス(HBV)の母子感染を防止するために

女性の方は妊娠の際に、必ずHBVに感染していないかどうか検査をしましょう。
HBVに感染していることがわかった人(つまり HBs抗原 陽性(+))は引きつづいて、赤ちゃんへの感染のしやすさの目安となる HBe抗原 検査を必ず受けましょう。

母子感染防止措置を行わなかった場合、母親がHBe抗原陽性(+)のとき、赤ちゃんへのHBV感染率は100%です。
このうちの80~90 %がHBVキャリアとなります。

母親がHBe抗原陰性(-)のときは、赤ちゃんへの感染率は10%程度で、キャリア化することもほとんどありません。
しかし、ごくまれに生後2~3ヵ月で劇症肝炎になる危険性があります。
したがって、感染防止策は必ず行うようにしましょう。

キャリアの人の出産(母子感染防止策をとらなかった場合)

キャリアの人の出産(母子感染防止策をとらなかった場合)

母子感染の防止方法

妊娠中にお母さんの血液中のHBVが、胎盤を通して赤ちゃんの血液に移ることはあまりなく、大部分は分娩時、つまり赤ちゃんが産道を通る時にお母さんの血液にさらされることによって感染が起こると考えられています。
HBVの母子感染を防止するためには、産まれてきた赤ちゃんに、HBVに対する抗体を含む高力価HBsヒト免疫グロブリン(HBIG)やB型肝炎ワクチン(HBワクチン)を接種することが必要です。

これらの感染防止策によって、ほとんどの母子感染を防ぐことができます。

母子感染防止策の基本的なプログラム

母子感染防止策の基本的なプログラム

厚生労働省作成 B型肝炎(一般的なQ&A) 改訂第2版

おすすめコンテンツ
まず、近くの肝臓専門医に相談しましょう