C型肝炎ウイルス感染者の国内状況

現在日本では、190万~230万人がC型肝炎ウイルス(HCV)に感染しているとされています。日本赤十字血液センターで、はじめて献血を行った方(初回供血者)3,748,422人のHCV抗体陽性率は全体で0.26%でした。

高齢になるほど頻度は高く、2005年時点の60~69歳では1.18 %にものぼっています。
また、2つの大規模集団の成績から算出した、自分が感染しているかどうか知らないで社会に潜在しているHCVに感染している方の推計値は、807,903人と報告されています。

年齢階級別にみたHCV抗体陽性率(初回供血者:3,748,422人)

年齢階級別にみたHCV抗体陽性率

大規模集団成績から得られた社会に潜在しているHCVに感染している方の推計数と背景人口

大規模集団成績から得られた社会に潜在しているHCVキャリア推計数と背景人口

田中純子: 化学療法の領域 2012; 28(S-1): 926-935.

おすすめコンテンツ
都道府県別無料検査実施情報